大人ニキビの原因を知って生活習慣から改善する方法

お肌の典型的なトラブルといえば大人ニキビです。1度できるとすぐには治らずかといって潰すと跡が残る厄介なトラブルに頭を悩まされた方も多いのではないでしょうか。
大人ニキビはホルモンバランスの乱れで起きる思春期のものとは違い様々な原因があると言われています。

 

 

 

主にできる場所によって原因が分かると言われており、

  • おでこの場合は胃腸の不調やシャンプー・リンスのすすぎ残し、
  • 頬は女性の場合は脂質・糖質の過剰摂取や便秘・肝機能障害の恐れ、
  • 鼻周辺は肝臓・肺・大腸の乱れや紫外線や化粧品の影響、
  • 口周辺はビタミンの欠乏と食べ過ぎ、
  • 顎は睡眠不足とストレスの影響、
  • 首はホルモンバランス又は新陳代謝の乱れ

と言われています。

 

その他にも体に熱が溜まっている時や疲れているときに起きやすく、出来てしまったときは1度生活習慣を見直す必要があると言えます。

 

 

 

大人ニキビはある程度の種類に分けることができそれによって治療方法も異なります。

 

主に進行状態で分類でき、

  • 皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まって白くなるもの
  • その白くなったものが空気を触れ合って黒ずむもの
  • 毛穴にアクネ菌が繁殖して炎症を引き起こし赤く腫れ上がるもの
  • その炎症が化膿して黄色い膿が溜まるもの

に分けることができます。

 

大人ニキビの改善方法は化粧品やニキビケアアイテムを使用するのも良い方法ですが、根本から改善したければ食生活や生活習慣を見直す必要があります。

 

規則正しい生活を心がけたり暴飲暴食はしない、夜更かしをしない、酒・タバコは控えるなどでも十分効果があると言われています。