ニキビ肌に対する化粧水の上手な使い方

ニキビができていると、スキンケアには普段以上に気を使う必要があります。
特に気になるのが、化粧水をどう使うかということですね。
何と言っても素肌に一番最初に触れるものですから、それだけ肌に影響を与えることは想像に難くありません。
ニキビケアにとって最も重要なのは保湿ですから、化粧水はたっぷり使って十分肌に浸透させ、肌バリアを作る必要があります。

 

 

 

しかし、繰り返しニキビができていると、その肌はバリア機能を失い、硬くてゴワゴワした質感になってしまっています。
この硬くてゴワゴワした肌には、せっかくの水分が浸透していきません。
硬い角質で弾いてしまうので、水分は浸透せずに蒸発してしまうのですね。
これをどうやって上手に肌に浸透させるかというと、肌を柔らかくするタイプのローションを先に塗っておくことが有効です。
これをやっておくと、角質が柔らかくなって様々な成分がスムーズに浸透するようになります。

 

ですから、その後に塗る化粧水や乳液がきちんと肌に浸透するようになるんです。
このスキンケアを加えることで、ニキビを早く治療し、雑菌に負けない強い肌を作り上げていくことができます。
治療をするだけでなく、にきび跡を予防し、繰り返す肌トラブルを予防することができるんです。

 

薬でにきび治療をしている方は、肌の抵抗力が弱り、繰り返し肌荒れを起こすことが多いです。
ですから治ったあとは、このようなスキンケアをして予防に努めた方がいいかもしれません。