ニキビ肌用化粧水は本当に効果があるの?

ニキビ肌用化粧水は普通の化粧水と何処が違うのでしょうか。

 

まず、ニキビ用の多くが敏感肌にも対応できるよう、低刺激になっています。それは、にきびができている肌は普通の肌と比べて敏感な状態にあるからです。肌のバリア機能が失われているため、これ以上症状を悪化させないよう、なるべく肌に負担が少ないように作られています。

 

また、にきびの原因である、皮脂の過剰分泌。この肌の状態に対応するため、油分の少ない、べたつかない化粧水や乳液になっています。しかし、乾燥もニキビの原因のひとつと成りうるので、保湿成分はしっかりと含まれています。

 

 

 

そして、にきびの原因といわれているアクネ菌。このアクネ菌の殺菌効果を持つのがイオウです。このイオウが含まれている場合が多いです。このイオウは石油の精製過程で得られる成分で、アクネ菌を殺菌し、角質をやわらかくして、古い角質を取り除く働きを持っています。イオウのほかにも殺菌効果のある成分はあります。

 

その一つがイソプロピルメチルフェールです。このイソプロピルメチルフェールは高い殺菌作用を持っています。ですので、主にニキビ用化粧品に使われています。

 

その他にはビオニンというアクネ菌の繁殖を抑制する働きうを持つものや、アラントインなどの消炎作用を持ち、皮膚の傷を正常に治癒するは働きや、細胞を増殖する作用があり、主に肌荒れを改善するための化粧品に含まれている成分もあります。
これらのニキビ肌に有効な成分がたくさん入ったものがニキビ用として売られているのです。